袴田 美帆

愛知県立一宮高校、神戸大学国際文化学部卒業。サクソフォン奏者でありながら、アートマネジメントや芸術、博物館学を学び、文化芸術の事業運営に数多く携わる。 

神戸大学在学中、交換留学生としてパリ第7大学人文芸術学部へ在籍。同時にパリ6区音楽院専門課程へ入学、ディプロマを取得し2017年6月に卒業。 

2017年にパリ国立高等音楽院サクソフォン科第1課程に入学、2020年に国家専門演奏資格を取得し、満場一致称賛付き最優秀の成績で卒業。同時に室内楽科第1課程を、最優秀の成績で修了。 

2020年よりサクソフォン科第2課程、並びに即興科、2021年より室内楽科修士課程に在籍し、現代室内音楽や電子音楽等、新たな空間芸術の創造について研究している。 

これまでにTarrazi財団、メイヤー財団より助成を受ける。令和3年度文化庁新進芸術家海外研修生。 

 

2016年ライレローズ・アドルフサックスサクソフォンコンクール第2位、同年パリジャンサクソフォンコンクール第1位、2017年第8回ナント国際サクソフォンコンクール 満場一致の第1位。2019年、第7回アドルフサックス国際コンクール第6位入賞、ソリストとしてベルギー室内管弦楽団と共演。 

 

2019年トリトン・カルテットとして2週間の中国ツアーに参加、9都市で10公演、各マスタークラスを行い成功を博す。2020年夏、Grand Est’ivalのリサイタルツアーに参加し、全9公演好評を得る。2021年、電子音楽を扱うSampoアーティスト・イン・レジデンスにソリストとして招待され、Francesco Vittuci氏の作品”At the Origin of…”を初演。 2021年世界最大級のフランスのラ=ロック=ダンテロン音楽祭にソリストとして参加。

また大学在学中より、子どものためのコンサートの運営から演奏まで数多く携わり、神戸、東京を中心に活動の幅を広げている。

▶︎2019.11 : 第7回アドルフサックス国際コンクール第6位 (ベルギー・ディナン)
▶︎2017.4   : ナント国際サクソフォンコンクール 満場一致第1位 (フランス・ナント)
▶︎2016.3   : パリジャンサクソフォンコンクール第1位 (フランス・パリ)
▶︎2014.4   : 第1回ナゴヤサクソフォンコンクール 一般部門第1位

わたしに出来ること 

Saxophone Concert

クラシックのオリジナルレパートリーから、他楽器との室内楽作品、最先端の現代曲や即興演奏まで。様々なコンテクストに合わせて、音楽の魅力をお客様と共有できるコンサート創りをしていきます。

Art Management

芸術と人・社会をつなぐアートマネジメント。学生時代より、数々の国際芸術祭や、文化振興事業に携わってきました。これらの経験を生かし、企画から運営まで誠意を持ってお手伝い致します。

Concert for Children

アートマネジメントの中でも特に、子ども向け(主に小・中学生)のコンサート、ワークショップはお任せください。子どもたちの感性や、学ぶ姿勢に働きかける企画・プログラム作りを丁寧に作り上げていきます。

Improvisation

クラシック・ジャズ・現代音楽の枠を超えた即興演奏。どんな場所でも、どんな楽器の組み合わせでも大丈です。そこでしか感じることが出来ない、空間芸術の創造を目指して日々修行しています。

使用楽器
▶︎Soprano : Selmer Series Ⅲ sterling silver

( マウスピース:S90-180,190  リガチャー:BG tradition, Bambu リード:Vandren traditional 3 1/2, V21 3 , 3 1/2)
▶︎Alto : Selmer Series Ⅱ GP-TONE
(マウスピース:S90-190 リガチャー:Bambu リード:Vandren traditional 3 1/2)
▶︎Tenor : Selmer Series Ⅱ
(マウスピース:Vandoren T20  リガチャー:JLV Platine, Bambuリード:Vandren traditional 3 1/2 )